Vandori

delfiore_logo

青山・骨董通りに店舗を構えニットを中心としたセレクションをおこなうVandori(ヴァンドリ)。

身体に溶け込み、無駄のないデザイン“Fit in Well”を心掛け、繊維の宝石といわれるカシミヤ、トップクラスのファインウール、世界最高級のコットンヤーンなど……世界中の天然繊維を選定し、日本の熟練した職人を起用して、ハイクラスなオリジナルニットウェアを展開しています。

ニットの綺麗な繋ぎ目は手作業で丁寧にリンキングし、無駄のないデザインへと導くことで、身体にフィットし、最大限に美しく見せるよう設計しています。

メイドインジャパンにこだわり、世界へ発信する日本のクリエーションをぜひご覧ください。

師範 青柳光則からのコメント

2013年春、「お洒落道場外伝」の取材を新宿伊勢丹メンズ館で開いたとき、個性溢れるスタイルに身を包んでいた人物を見かけ、声を掛けました。「VANDORI」のオーナー笹岡さんとの出逢いはここから始まったのです。当時、多くの洒落者がイタリアの着こなしに右へ倣えした時代に、モカ茶のスーツ、赤×白のロンドンストライプシャツ、マスタードイエローのニットカーデ、茶のソリッドタイの着こなしは僕の胸にグサっと刺さったのです。何故ならこれぞ僕のベーシックであるフレンチテイスト溢れる着こなしだったから。

同年8月、東京・南青山の骨董通りにVANDORIの旗艦店をローンチしてからはちょくちょくお店を覗いています。そんな訳で、今では20枚を越えるVANDORI製品が手元にあリます。何しろ素材が吟味されているから着心地が良いし、価格も手頃だからついつい増えちゃうんですね。今年もフラガールモチーフの半袖と、白黒ボーダーのロングスリーブを手中に収めました。癖になるんですよ、ここのニットは!!年齢、性別を不問のテイストなので、きっとお気に入りの1着が見つかる!!そう言い切りたいと思います。